8年を経過した東日本大震災

今日は3月11日、東京は晴れでした。気温は14度。

3月11日は「東日本大震災の日」ですね。
 平成23年3月11日14時46分に、宮城県牡鹿半島の東南東130km(三陸沖)の深さ約24kmを震源とするマグニチュード9.0の大地震が発生しました。

この大地震は私も記憶に生々しいです。東京の自宅にいて、うちが壊れるような大きな揺れを私も体験しました。東京でこの影響なのだから震源地のある地域の被害の大きさは想像を絶するものだったと思います。

あれから8年、街の復興は着々と進んでいるようですね。宮城県南三陸町では、平成28年12月に「南三陸さんさん商店街」が仮設店舗での営業を終了し、平成29年3月に本設の商店街として新たにオープン。岩手県山田町でも、平成28年11月に共同店舗「オール」がオープンなど。

交通インフラも、JRの運休区間が順次再開しています。

しかし、復興庁の調査によると平成29年3月中旬時点で東北全体で11.9万人もの方々が避難を余儀なくされています。また、福島県産の農林水産物や観光地等を中心に風評被害も根強く残っており、引き続き、きめ細やかな支援が必要です。

 

往年のプロレスラー、「ザ・デストロイヤー」逝去!

今日は3月8日、東京は晴れでしたが、寒い1日でした。気温は11度。

ザ・デストロイヤー」という名前を知ってますか。私の世代のプロレスファンなら、皆知っているでしょう。プロレスラーで昭和30年代から日本でも活躍しましtね。得意技「4の字固め」で日本のレスラー力道山ジャイアント馬場アントニオ猪木といったレスラーと熱戦を演じました。特に力道山との戦いは平均視聴率64%を記録し歴代4位の高視聴率です。、この試合は両者どっちも譲らず勝負がつかなかったように記憶していますが、対戦成績は1勝1敗2分けです。「4の地固め」は、技が逆の形になると、掛けたの当相手を苦しめるようになるという弱点がありましたね。力道山はそれを使って、デストロイヤーを苦しめました。

デストロイヤー(1930年7月11日 - 2019年3月7日))はアメリカニューヨーク州バッファロー出身。はじめはアメリカンフットボールの選手であったが、プロレスでも実績を上げ何度も世界王座についている。1993年にプロレスを引退。

デストロイヤーさんは、プロレスのみならずタレントとしても活躍し、日米両国の友好親善及び青少年交流にも貢献されて、2017年日本政府より秋の叙勲に於いて外国人叙勲者として旭日双光章を受章しています。

3月7日、自宅で家族に看取られながらお亡くなりになっつそうです。享年88歳。ご冥福をお祈りいたします。

 

3月3日はどう過ごしましたか?

今日は3月3日、東京は雨でした。気温は4度とこの時期としては非常に寒い。

3月3日は「ひな祭り」ですね。ひな壇を飾った家庭も多いでしょう。うちでは、母の命日でもあるので、子供たちが集まって歓談しました。桜餅、草餅、あられなども食べました。楽しい1日でした。

あいにくの雨模様の天気でしたが、恒例の「東京マラソン」も行われましたね。結果はどうだったのでしょう。

東京マラソンは、今年で13回目。これまでで最も多い3万7951人が参加しました。ランナーたちは午前9時すぎ、スタートの号砲とともに、新宿区の東京都庁前から走り出し、浅草や銀座といった東京の名所を巡るコースを駆け抜けました。

優勝したのはエチオピアビルハヌ・レゲセ選手で、2時間4分48秒でした。日本人選手の最高は、初マラソンの堀尾謙介選手で、2時間10分21秒のタイムでした。

今日から春の全国火災予防運動

今日から3月。

春の全国火災予防運動が始まりました。
〇期間3月1日(金)ー3月7日(木)
〇標語 「忘れてない?サイフにスマホに火の確認
◎重点目標
1、住宅防火対策の推進
2、乾燥時及び強風時火災発生防止対策の推進
3、放火火災防止対策の推進
4、特定防火対象物等における防火安全対策の徹底
5、製品火災の発生防止に向けた取組の推進
6、多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底
2、、林野火災予防対策の推進

我々民間人はどんなことを頭に置いていたら火災防止に役立つでしょうか。
1、家の周りにゴミなどを放置しない
2、ストーブの付近に燃えやすいものを置かない
3、の給油時には、必ず火を消す
4、子供にライターなどを使わせない、持たせない
5、電気器具のタコ足配線を過度に行わない
6、コンセント・配線器具にホコリをためない
7、.調理中は火元から離れない
8、火災報知機の設置(電池切れの確認)

以上のことを念頭において、府腰でも火災事故を減らしましょう。

🐗三月🐗

今日は3月1日、注目の米朝首脳会談も無事に終了しましたね。

今月は「イノシシ」にかかわることわざを集めてみました。
〇猪突猛進
目標に向かって猛烈な勢いで突き進むこと。周囲への配慮をせずがむしゃらにやり抜くこと。
〇猪を食った報い
悪いことをした後には、受けなければならない報いがあるということ。
〇猪勇
猪のように向こう見ずに突進する勇気。また、そのような人。
〇猪見て矢を引く
事が起こってから慌てて対策を講ずること。
3月1日は、旧暦では1月25日。31日は2月25日。

3月の行事としては、1日から「春季全国火災予防運動」。3日が「ひな祭り」。「東京マラソン」。8日が「国際婦人デー」。10日が「大相撲3月場所初日」。11日が「東日本大震災の日」。14日が「ホワイトデー」。23日が「世界気象デー」。25日が「電気記念日」などとなっています。

1日から「春季全国火災予防運動」が始まりますね。三月は冬から春の変わり目、寒さも少し和らいで、暖房器具への注意力が緩みがちです、消し忘れなどが起こりやすい、十分に注意しましょうね。

米朝首脳会談終了

今日は3月1日、東京は曇りです。気温は9度とまだ寒い。しかし今日から3月という新しい月が始まりますね、希望をもって前進します。

ベトナムハノイで2月27日・28日の2日間にわたって行われた「米朝首脳会談」、どのような結果になったのでしょうか。

会談の後の記者会見で、トランプ大統領は「非常に建設的な2日間だったが席を立たなければならない時もある。今回がそれだった」と述べ、会談が不調に終わったことを明らかにしました。その理由についてトランプ大統領は「北朝鮮は制裁の完全な解除を求めたが、われわれはそれには応じられなかった」と述ました。「制裁は多くの国と協力してやっていることを忘れてはいけない」と理解を求た。
最大の焦点となっている非核化の措置については、キム委員長がニョンビョン(寧辺)の核施設などを廃棄する意思を示すも、そのほかのウラン濃縮施設を含むほかの核施設の廃棄の要求には応じなかったため、折り合わなかった」としています。
しかし、今後の交渉の行方については、キム委員長が非核化の意志を改めて示していること、米朝双方が「互いに連絡事務所を設置する」案に前向きであることからすると、非核化をめぐる話し合いは続くようですね。

日本文学の研究者、ドナルド・キーン氏逝去

今日は2月25日、東京は曇りです。気温は12度。少し寒いですね。

日本文学の研究者として著名なドナルド・キーンさんが、24日朝心不全のため東京都内の病院でお亡くなりになったそうです。享年96歳、

ドナルド・キーン氏のお名前は私も学生時代から知っています。日本文学には私も興味があったので、「日本文学全集」などを買っんでいました。編集者にはドナルドキーン氏のお名前がありましたね。

ドナルドキーン氏は、1922年ニューヨークでロシア系ユダヤ人の両親の家庭で生まれた。幼少時は父とともにヨーロッパを旅行し、語学に興味を覚える。両親の離婚などの不幸もあったが、奨学金を受けながら16歳でコロンビア大学文学部に入学。1953年(昭和28年)、京都大学大学院に留学。学友の影響を受け、日本文学研究への道に進む。以来、近松門左衛門太宰治三島由紀夫など、古典から現代の作家まで数々の作品を英語に翻訳し、日本文学を広く世界に紹介されました。平成20年には文化勲章を授与されています。ご冥福をお祈りします。