読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるキャラ

寒くなりましたね。秩父市小鹿野町にまたがる公園の「秩父ミューズパーク」では、遊歩道沿いに、およそ500本のイチョウ並木が3キロにわたって続いています。それが見事な黄金色に染まって観光客を楽しませているそうです。秋深しといった感じです。

今月のお題は「おすすめの手土産」。年末になると忘年会などの集まりがあり、参加費なども払って参加しているのだから、幹事としてはちょっとした手土産を持たせたくなる。モノの値段も少し高めになってきているから、そんなに高価なものを手土産として持たせることはできない、経済的でアピールできるものはないか?

パソコンをいじっていると時代に遅れませんね、これが一つの利点でしょう。アンケートに答えていたら「ゆるきゃら」という言葉にぶつかった。まったく知らない。調べてみた。【ゆるキャラは、「ゆるいマスコットキャラクター」を略したもので、イベント、各種キャンペーン、地域おこし、名産品の紹介などのような地域全般の情報PR、企業・団体のコーポレートアイデンティティなどに使用するマスコットキャラクターのこと】ほとんどの県にそれぞれのゆるキャラがいるようですね。一つも知りませんでした。

そこで私は、この「ゆるキャラ」をデザインしたクッキーやチョコレートなど手土産に持たせたらいいのではないかと思いました。そうすれば県や団体の大きななPRになるでしょうし、「ゆるキャラ」を知らない人はいなくなるでしょうからね。