読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく口ずさむ歌

お題「よく口ずさんでいる曲」

歌手のペギー葉山さんがなくなりましたね。享年83歳。お悔やみ申し上げます。葉山さんの「南国土佐を後にして」という曲は、私もよく口ずさんでいます。

「南国土佐を後にして」は武政英策(たけまさえいさく)(1907年9月18日 - 1982年12月1日)、愛媛県の作曲家が作詞・作曲している。原曲は、中国大陸中部に出兵した陸軍朝倉歩兵236連隊(鯨部隊)内で自然発生的に生まれ、歌われていた曲という。戦後復員兵らによって高知県にもたらされ、古里ソングとして定着していた。

「南国土佐を後にして」はいろんな歌手によってうたわれている。著名なところでは丘京子盤(1953年日本マーキュリーから発売)、鈴木三重子盤(1955年、ティチクレコードから発売)がある。しかしペギー葉山の歌ったものが大ヒットした。1年間で100万枚を売り上げ、累計では200万枚に達した。

曲のヒットを受けて映画化もされた。1959年の日活映画です。英語名は「Farewell to Southern Tosa」。「Farewell」という言葉はヘミングウェイの「武器よさらば」も「Farewell to Arms」ですね。「Good by」ではないのです。