読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙の本と電子書籍

電子書籍は私も時々読む。主に漫画である。昔夢中になった漫画を読む。ほとんど当時のままの感じで読める。書店で同じ本を紙の本で手に取ってみたが白けてしまって読む気になれなかった。

電子書籍は簡単に手に入る。ほとんどの本が電子書籍化されているので、古本屋を巡り歩いても見つからないような本でも手にすることができる。これは大きな利点である。これからは電子書籍の時代になるだろうと予測されているというが頷けることである。

知識欲を満たすためには電子書籍は格好のものであるが、財産として持ちたいとなればやはり紙の本になるだろう。電子書籍は財産にはならないだろう。

例えば電子書籍で非常に感動した本があれば、その思いをりっぱな形にして残しておきたいと思う人もだろう。そういう人はやはり紙の本が必要になるに違いない。両者共存で本は生き続けると思う。