サンマの現状

今日は7月19日、東京は晴れでした。気温は30度で真夏日でした。

「サンマは日本のみの魚」というイメージを私は持っていましたが、現状はそうでもないようです。日本のサンマの漁獲量は年々減少している。日本のサンマの「漁獲量」は20万トンから30万トンほどで推移してきましたが、2015年からは10万トン前後と不漁が続いています。特におととしは8万4000トンと平成以降では最も少なくなりました。なぜかくも不漁になったのか?

サンマ漁はかっては日本とロシアだけであった。それが、台湾や韓国が取るようになり、7年前からは中国も参入しています。このためほかの国でとってしまうのでそれだけ減ってくる。

サンマの漁獲量が世界で最も多いのは台湾で、日本の排他的経済水域の外側にあたる北太平洋の公海で漁を行っています。台湾当局や地元の漁業団体によりますと、漁獲量は、2008年以降、十数万トンで推移していて、おととし(2017年)は10万4000トン。取れたサンマは、主に中国や韓国へ輸出される。サンマは今や台湾の魚です。

ほかに不漁の原因は、サンマの「回遊ルート」が変化していることが考えられます。海水温の上昇により、日本沿岸からより遠い海域を通るようになったことです。このため日本近海からはいなくなった。

こうした状況を受けて、日本は、これまでは8月から12月に限っていたサンマ漁の時期を、ことしからは1年を通じて操業できるように改めました。もう「秋のサンマ」のイメージはありません。

施餓鬼法要

昨日7月15日は「海の日」で祝日でしたが、特に書くようなこともなかったので記事は休みました。今年は久しぶりに梅雨らしい年になり、いまだに「梅雨明け」してませんが、これからは「海の季節」になるので海へ出かける人も多いでしょう。「海の事故」に遭わないよう気をつけましょう。

そして今日は7月16日、東京は小雨模様の天気でしたが、私にはいろいろと忙しい日でした。お寺では「施餓鬼法要」が行われたので、父母のお墓参りを兼ねて出席しました。「施餓鬼法要」を知ってますか。

施餓鬼とは、お盆の時期に行われることが多い仏教行事の一つです。

餓鬼(がき)とは、俗にいう生前の悪行によって亡者の世界に落とされた魂や無縁仏となっているような霊や魂の事を言い、常に飢えと乾きに苦しんでいるものを指します。

施餓鬼とは、そういう者たちにも食べ物や飲み物などの供物を施すことで餓鬼の供養を行う法要行事です。」

それから、今日は東京ではお盆の最終日になるので、「送り火」を炊きました。今日は風もないので「炎」は勢い良く燃えました。ご先祖様も楽しいひと時を過ごしていただけたと思います。

 

「はやぶさ2」2度目の着陸に成功!

今日は7月12日、東京は曇りでした。気温は21度。

はやぶさ2」は今年2月に、小惑星「りゅうぐう」への第1回目の着陸を行い、表面の「岩石」の採取に成功しましたが、7月11日、2度目の着陸が行われました。今回の着陸の目的は、今年4月に作った人工クレーターから飛び散った小惑星内部の岩石を採取することにあります。これは世界初のミッションです。

10日高度2万メートルから降下を開始した探査機「はやぶさ2」は11日午前10時前に高度30メートル付近に到達し、事前に地表に落としておいたボール状の目印をカメラでとらえながら、姿勢や位置を制御する着陸の最終段階に入りました。その後は「自動制御」によって「降下」をおこない、JAXA(ジャッカ)によりますと11日午前10時6分に無事着陸に成功したそうです。おめでとうございます。

はやぶさ2」の津田雄一プロジェクトマネージャは11日午後開かれた記者会見で「わたしたちは太陽系の歴史のかけらを手に入れることができました。人類は月より遠いところで、地下物質をとったことはありません。この成功を皆さんと分かち合いたい」。また、JAXAの津田雄一プロジェクトマネージャは「点数を付けるなら100点満点で1000点でパーフェクトだった」。大成功でしたね。

はやぶさ2」は今年11月から12月ごろ「りゅうぐう」を後にし地球帰還への旅に出ます。そして、来年の末に地球に帰還する予定です。

帰還が楽しみですね。

 

10月1日から郵便料金も値上げ!

今日は7月9日、東京は曇りです。気温は21度。沖縄は6月29日ごろに梅雨明けしているのですね。気になっていましたが。しかし今日の沖縄の天気は梅雨が戻ったかのように雨模様の天気だそうです。本土は毎日が雨模様で、久しぶりに「梅雨らしい」ですね。

郵便料金が、10月1日の消費税の値上げに合わせて、値上げになるそうですね。私にはそれほど影響はないが、会社関係では打撃があるでしょうね。

値上げになるのは、ハガキが現行の62円から63円へ
手紙(25グラム以内の定形郵便物)は82円から84円へ

これだけではなく、ゆうパックなどの運賃・料金も変更するとしているます。

また、62円切手や82円切手など現行の料金に合わせて販売されている切手は、9月30日で販売を終了する、としています。

郵便料金の298値上げは、「またか」といった感じなので、今までの郵便料金値上げの変遷を見てみました。

●2014年の4月に、消費税が8%に引き上げられる際に、ハガキが50円から52円に、手紙が80円から82円へ。
●2017年6月には、人手不足による人件費の上昇を理由に、ハガキが52円から62円へ、
●2019年から年賀はがきが52から62円へ
●今回の値上げ

3年~2年おきの値上げですね。

今日は「七夕」

今日は7月7日、東京は曇りです。気温は21度。今年は梅雨らしい梅雨になりましたね。毎日が雨か曇りですからね。

今日は「七夕」ですね。七夕伝説は皆知っていると思いますが、ここで概略を述べておきます。七夕伝説というのは、「彦星」と「織姫」の悲恋の話ですね。彦星は別名「牽牛(けんぎゅう)」と呼ばれ、牛(=稲)を引っ張る姿、つまり昔の稲作の姿です。織姫は別名「織女(しゅくじょ)」と呼ばれ、こちらは布を織る「織物」を意味しています。この「稲作」と「織物」はどちらも昔の人々の生活を支えるために必要な仕事でしたが、彦星と織姫の二人は恋に落ち、仕事をほったらかしにしてしまうのです。家庭は乱れたでしょう。これが規模が大きくなると、中国の玄宗皇帝と楊貴妃の話のようになる。神様は怒りこの二人を「天の川」の両にに別れ別れにさせましたが、1年に1度会うことだけは許されたのです。そして7月7日の七夕に日には、「天の川」で二人は「邂逅」するのです。「純」な「恋」の話ですね。

縁起の良いことに、今日は大相撲名古屋場所の初日でもありますね。今場所は先場所休場した横綱白鵬」も出場しますね。白鵬は今場所優勝すれば43回目の史上初の優勝最多記録になります。横綱も必勝を喫してか、「V43」と七夕の短冊に書き込んだそうです。今場所は横綱鶴竜も出場するので盛り上がると思います。

突然の米朝首脳会談はどんな内容だったか?

今日は7月2日、東京は晴れです。気温は27度。

6月28日と29日の大阪サミットに世界の注目が集まってる中で、米大統領のトランプ氏は30日、韓国を訪問し軍事境界線を越えて、北朝鮮金正恩氏と突然との米朝首脳会談を行いましたね。世界をちょっと驚かせたのではないでしょうか。内容を調べてみました。

〇両首脳は停滞する非核化協議を再開させることで一致したものの、立場の隔たりは大きく、なお先は不透明。

〇2、3週間以内に交渉チームを立ち上げ、停滞する非核化協議を再開させることで一致

北朝鮮への制裁は維持するものの、「制裁をかけ続けることは好きではなく、解除できることを楽しみにしている」と述べ「制裁解除」に前向きの姿勢示した。

北朝鮮が5月に短距離弾道ミサイルを発射したことについては、「どの国もテストしているミサイルであり非常に小さいものだ。われわれが議論しているのは長距離の弾道ミサイルだ」と述べて、問題視しない考えを示した。

以上のような内容だったようです。前回のベトナムハノイでの会談よりは、両首脳は歩み寄っているように感じました。

p恩師

🐗七月🐗

今日は七月1日。東京は曇りでした。気温は26度。

今年も半年が過ぎました。早いものです。

世界にはどんなイノシシがいるのかを調べてみました。
〇コビトイノシシ
体長50~70cm、体重6~10kgとイノシシの中では最小の種類。
インド、ブータンバングラディシュに生息。
〇スンダイボイノシシ
体長90~160cm。体重は最大で185kg。
インドネシアに生息。
〇モリイノシシ
体長は最大で2m近く、体重は275kg。
ケニアエチオピアなどのサバンナや森林に生息。
〇イボイノシシ
体長、90~150cm。体重50~150Kg。時速55km以上で走ることが出来る。
サハラ砂漠以南のアフリカに生息。
〇カワイノシシ
体長は約100cm。体重55~150kg。
〇アカカワイノシシ
体長60~145cm。体重45~115kg。赤茶色の体毛が特徴です
コンゴガンビア熱帯雨林やサバンナ、河川や湖沼の近くに生息。

7月1日は旧暦では5月29日、31日は6月29日。

7月の行事としては、1日が「富士山山開きの日」。7日が七夕。大相撲7月場所初日。13日が「お盆の迎え火」。15日が「海の日」。16日が「お盆の送り火」。23日が「大暑」などとなっています。

今月は世界のイノシシを調べてみましたが、コビトイノシシというのはかわいらしいですね。これならばペットとして飼う人もいるように思いました。